【参加者募集】 3.11追悼キャンドルナイト(横浜・県民センター入口)

3 月 11 日で東日本大震災から丸 6 年の月日が経過します。亡くなられた方々のご冥福をお祈りし被災された方々を想いつつ、震災を風化させないために、「3.11 追悼キャンドルナイト」を本年も開催いたします。
お時間のある方は、ぜひご参加ください。

3.11 追悼キャンドルナイト

日時

2017 年 3 月 11 日(土)
• 17:30 ~ 18:00 受付、準備開始
• 18:00 ~ 18:30 キャンドル点灯、黙祷、代表挨拶

会場

かながわ県民センター 正面玄関前広場
 

主催

特定非営利活動法人 神奈川災害ボランティアネットワーク

共催

神奈川県青年国際交流機構

お問合先

mail:info@ksvn.jp、電話:090-8803-2417(植山) 

ちらし(他のイベントと共同)は、こちら

【開催報告】1/11災害救援ボランティアスキルアップ研修( 防災科研のeコミマップ活用 )

 1月11日(水)18時~20時、災害ボランティアセンター運営支援ツールとして、防災科学技術研究所開発のeコミマップ(インターネット上の電子マップ)の活用に向けたスキルアップ研修をかながわ県民センターにて開催しました。
 神奈川災害ボランティアネットワーク(KSVN)にとって長年関わりのある国立研究開発法人防災科学技術研究所から水井良暢研究員を講師に迎えて、常総市などの災害現場で培ってきた支援経験をもとに災害VCニーズのマップ登録、作成したデータベースの活用方法、情報一元化のメリット・デメリット、運用体制など実践を交えた講座により、災害ボランティアと社会福祉協議会職員が一緒に学び考える機会になりました。
 災害時の迅速な支援に備えて、また平常時の災害情報訓練に役立てていけるよう、今後も皆で取り組んでいきます。

【災害情報】2016/12/28 21:38頃発生した茨城県で最大震度6弱の地震→津波の心配なし(随時更新)

2016年12月28日、21時38分頃に茨城県北部で発生した、最大震度6弱の地震について、被害状況等を共有いたします。
※2016/12/29 23:30更新
・被害状況を更新しました
・支援情報を更新しました

地震諸元

【発生時刻】2016年12月28日 21時38分ごろ
【震源地】茨城県北部(北緯36.7度、東経140.6度 深さ11km[暫定値から更新])
【地震の規模】マグニチュード6.3
【各地の震度】
・震度6弱
茨城県高萩市下手綱
・震度5強
茨城県日立市十王町友部
・震度5弱
茨城県常陸太田市大中町、常陸太田市金井町、常陸太田市大中町、常陸太田市金井町、茨城県日立市助川小学校、日立市役所、茨城県高萩市安良川
Yahoo!地震情報

気象庁記者会見

内容

・今後1週間程度は同程度の地震の発生の可能性、十分注意を。
・正断層型の地震
・2011年に発生した東北地方太平洋沖地震の余震と考えられる
・津波の心配はなし、家屋の倒壊やがけ崩れなどについて、地震や雨の状況等に十分注意して、やむを得ない状況でない限り、危険な場所に入らないなどで、身の安全を確保してほしい。
・1週間程度は最大震度6弱程度の地震に注意
・特に2,3日後は大きな地震が発生しやすい。十分注意を。

警報の引き下げ

茨城県高萩市、日立市
・大雨警報、大雨注意報、土砂災害警戒情報の発表基準を引き下げて運用
・「土壌雨量指数」を高萩市で通常の70%、日立市で通常の80%に引き下げる

資料

・『「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」について(第80報) -平成28年12月28日21時38分頃の茨城県北部の地震-』(2016/12/28 気象庁)

被害状況

人的被害

(NHK等)
・負傷:2名(高萩市:60代男性、落ちてきた物にあたって右腕にけが、北茨城市:40代女性、自宅の階段から転落して左膝を打撲)
・救急搬送要請:1名(高萩市)

建物被害

茨城県高萩市
住家被害
・一部損壊:5棟(2016/12/29 15時現在、茨城県)
その他の被害
——-
・大能地区にある宿泊施設「天空の庭天馬夢」で天井の一部が落下。けが人はいない(NHK)
・障害者福祉施設「リバティー若栗」の施設内の壁や柱にひびが入るなどの被害(NHK)
・君田中学校の体育館で2階のガラス10枚が割れる(NHK)
・高萩保育所で天井がずれる(NHK)
・寺院の位牌が倒れる(茨城県、茨城新聞)
・集会所2カ所と交流館1カ所で建物や窓枠のゆがみ(茨城県、茨城新聞)
茨城県那珂市
その他の被害
・工場で薬品が電気コード上に落ちて停電。通電後、薬品に引火し炎上→初期消火で鎮火
・消防本部体育館の天井破損

ライフライン

水道
・茨城県高萩市石滝地区(石滝団地)で200世帯が断水(高萩市、NHK、たかはぎFM)
→12/29 02:50に復旧(原因は、増圧ポンプが停止)(高萩市)
ガス
・配管などに異常はなし(東京ガス、NHK)
自動遮断したマイコンメーターの復帰方法(東京ガス)
・プロパン被害なし(茨城県)
電気
・停電なし
電話・通信
・携帯電話:通話・通信に障害なし
→携帯大手3社(NTTdocomoKDDIソフトバンク)は、災害用伝言板等のサービスを開始
道路
・国道461号:高萩市秋山地区で道路脇ののり面が崩れて、落石→通行可能(NHK、朝日新聞)
・県道北茨城大子線:北茨城市中郷~高萩市横川間、約5キロ区間で通行止(落石のため)(高萩警察署、NHK、たかはぎFM)
→12/29 16:30規制解除(茨城新聞)
リンク
茨城県被害報

避難情報

避難所開設

高萩市
・12/28 22:15開設→12/29 08:45閉鎖:総合福祉センター(市エリアメール、防災無線、たかはぎFM等で周知)
・避難者数:4人(12/28 23時現在、NHK)
・インタビュー『市内の沿岸部から避難した50代の女性は「強い揺れを感じてとても怖かったです。避難所に来て少しずつ落ち着いてきました」と話していました』(NHK)

支援情報

・ブルーシート配布
-配布場所:高萩市役所
「12月28日の地震により、住宅屋根瓦の崩れなどがある場合には、
現在市役所にてブルーシートを配布していますので、応急処置として活用ください。
<配布場所>
市役所仮設庁舎A棟
※年末年始休暇中は日直者による対応です。正面インターホンをご利用ください」
詳細は、市のページをご参照ください。
・罹災証明の発行
-調査は正月明け以降
-被害状況の写真による記録を呼びかけ
「12月28日の地震により、住家等が被災された方で、り災証明が必要な方は、下記までご連絡下さい。
※被害状況の調査については、連休明けに日程調整をさせていただき、
専門知識を有する職員が訪問させていただきます。
なお、調査前に修繕等を実施するなどの場合には、
被害状況が分かる写真を撮っておくようお願いいたします。
連絡先  23-2111
<罹災証明の概要>
www.bousai.go.jp/taisaku/hisaisyagyousei/pdf/risaisyoumeisyo_gaiyou.pdf」
詳細は、市のページをご参照ください。

社会福祉協議会の動き

茨城県社会福祉協議会
・職員4人が出勤し,情報収集を行っている(県社協情報)
高萩市社会福祉協議会
・職員が出勤し情報収集を行っている(県社協情報)
・ボランティアの要請や対応などの要望は届いていない(県社協情報)
常陸太田市社会福祉協議会
・職員が出勤し情報収集を行っている(県社協情報)
日立市社会福祉協議会
・職員が出勤し情報収集を行っている(県社協情報)

報道

テレビ

NHKニュース(茨城で震度6弱)

新聞

茨城新聞
地震発生時の状況などの記事

コミュニティーFM

たかはぎFM(コミュニティーFM)
-震度6弱を観測した茨城県高萩市では、地元FMにて地震に関する特別番組が放送されています。インターネット・携帯アプリでも聴取可能です。
-29日3時まではリピートしつつ随時最新情報を、3時以降は、15分ごとに地震情報を放送しています。

災害地理情報

【災害情報】2016/12/22 糸魚川大火第2報(2016/12/26現在)

新潟県糸魚川市での火災について、情報共有いたします。
なお、災害ボランティアセンターにつきまして、被災された方への支援のための災害ボランティアセンターは23日に設置されていますが、現在、支援調査等のため、ボランティアの受け入れは行われていないとのことです。募集状況等は、ホームページをご確認願います。なお、運営支援でにいがた災害ボランティアネットワークのメンバーが派遣されるとのことです。また、物資に関しても同様です。災害義援金は、12/26より口座が開設されるとのことです。

<被害状況>
【被害状況】(2016/12/15 糸魚川市災害対策本部)
[被害状況写真] www.city.itoigawa.lg.jp/item/19814.htm#ContentPane

[人的被害] 負傷11名(一般2、消防団員9;軽傷10、中等傷1)
[建物被害] 焼失家屋144棟(全焼120、半焼4、部分焼20)、焼失面積約40,000㎡
※被災地区内の地区内関係者以外の通行立入り規制は、継続中

[ライフライン] 電気:焼損又は不在の世帯を除いて送電再開、ガス:一部を除き、供給を再開、水道:使用への影響はなくなった(糸魚川市)

<避難状況>(2016/12/25 14:30現在)
[避難者数] 19名(上刈会館10名、ホワイトクリフ9名)

<支援状況>
・2016/12/22 災害救助法適用
[災害義援金](糸魚川市)
12/26から銀行振込による災害義援金の受付を開始するよう準備中。市役所に義援金を持参の場合は、会計課で受付(8時30分から17時15分)
www.city.itoigawa.lg.jp/item/19831.htm#ContentPane
[支援物資](糸魚川市)
「支援物資につきましては、必要となる物資を精査しており、受付できる体制が整っておりません。
このような状況から、現在、個人の皆さんからの支援物資の受付を見合わさせていただいておりますので、ご理解いただきますようお願いいたします。今後、状況の変化がありましたら、市ホームページでお知らせいたします」
www.city.itoigawa.lg.jp/item/19806.htm#ContentPane

[被災証明] ・2016/12/25:被災証明書を発行開始、時間:9:30~17:00、場所:市役所1階市民ホール、持ち物:印鑑、身分証明書※焼失した場合は、不要
www.city.itoigawa.lg.jp/item/19832.htm#ContentPane
[住宅] ・ 応急住宅:12/24 現在の入居希望数63件、入居可能戸数 206 戸(公営住宅 45 戸、民間 161 戸)(2016/12/25 糸魚川市)
[相談会・相談窓口] ・糸魚川市相談窓口
期間:12/25-29 09:30-17:00
場所:市役所1階の市民ホール(会場変更)
内容:住宅や保険などの総合相談
・新潟県弁護士会による無料相談会
期間:12/26-29 09;00-12:00、13:00-16:00
場所:ヒスイ王国館
内容:家屋の後片付けなど法律が絡む相談
問合せ先:糸魚川きぼう法律事務所の小出薫弁護士 080(1497)4412
・糸魚川商工会議所による大規模火災に関する相談窓口
電話:025-552-1225(糸魚川商工会議所内)
[電話・通信] 各固定電話及び携帯電話会社のよる支援措置(機器の修理、料金減免等)
www.city.itoigawa.lg.jp/item/19847.htm#ContentPane

[その他] ・トイレ・休憩・お湯の提供等
-糸魚川駅前銀座商店街振興組合:組合加盟店によるトイレ、休憩所等の提供(twitterにて随時発信:https://twitter.com/ekimaeginza_i)
-白馬通り商工発展会:組合加盟店によるトイレ・お湯等の提供
www.city.itoigawa.lg.jp/item/19821.htm#ContentPane
・12/28出発:運転免許証再交付にあたっての運転免許センターへの無料バス(申込期限:12月26日(月)午後4時)
www.city.itoigawa.lg.jp/item/19845.htm#ContentPane
・ペット支援
-火災に伴う動物に関する困りごと等の相談、被災動物のための餌(フード)、ケージ、トイレ用品などの動物用資材について無償提供(新潟県)
相談窓口:糸魚川地域振興局健康福祉部(糸魚川保健所)衛生環境課;025-553-1938
上越動物保護管理センター;025-525-9263

[災害ボランティアセンター] 被災された方への支援のための災害ボランティアセンターは23日に設置されていますが、現在、支援調査等のため、ボランティアの受け入れは行われていないとのことです。募集状況等は、ホームページをご確認願います。なお、運営支援でにいがた災害ボランティアネットワークのメンバーが派遣されるとのことです(https://www.facebook.com/NIIGATASAIGAIVOLUNTEERNETWORK)。
・「災害ボランティアセンターの立ち上げについて」(2016/12/23 糸魚川市社会福祉協議会)
「12月23日正午に、被災者が必要とする支援調査のための糸魚川市災害ボランティアセンターを立ち上げました。今のところ、ボランティアの受け入れはしておりません。ボランティア募集等状況が変わりましたら、ホームページでお知らせします」
www6.plala.or.jp/i-shakyo/jouhou161223.html

[リンク] ・糸魚川市:http://www.city.itoigawa.lg.jp/
・新潟日報(特集):http://www.niigata-nippo.co.jp/news/keyword/
・糸魚川市大火情報支援コミュニティー:https://www.facebook.com/groups/1764134010576563/

【開催報告】 「神奈川県市区町村社協と災害ボランティアによる災害図上訓練2016」第1回:県央地区

「神奈川県市区町村社会福祉協議会と災害ボランティアによる災害図上訓練2016」第1回:県央地区

理事長挨拶

理事長挨拶

 12月7日(水)午後、アミューあつぎ(地域交流プラザ内会議室)にて、県央地区9市町村の社会福祉協議会職員と災害ボランティアネットワークのメンバーを中心に約50名が参加しました。
 本訓練は、神奈川災害ボランティアネットワーク主催、県央都市社会福祉協議会連絡協議会(幹事社協:厚木市社会福祉協議会)の共催、神奈川県社会福祉協議会の協力によって、プログラム構成企画と準備、当日の運営を共同で行いました。

プログラム前半

 講義形式で「厚木直下地震の可能性とボランティアセンター(VC)が機能するための要件」と題し、神奈川県地震被害想定調査委員会の委員長を務めた吉井博明氏(東京経済大学名誉教授)による資料をもとに、厚木直下地震および首都圏・神奈川県の被害想定と災害ボランティアセンターの意義や機能等について過去の災害経験から学ぶとともに、図上訓練の手法や状況設定によるイメージトレーニングを行いました(吉井先生は急遽欠席につき、森理事が代行)。
 続いて、事前課題として各市町村毎にVC設置要件・資機材・スタッフ等の現状を整理した資料一覧を参照しながら、それぞれの準備状況を全体で情報共有し、状況把握に役立てました。

プログラム後半

図上訓練の様子

図上訓練の様子

 各市町村のグループワーク形式で図上訓練を実施。地図を囲みながら、災害VC開設と、厚木市に甚大な被害が出た場合を想定した救援ルートおよび方法、厚木市災害VC運営支援に向けた内容とスタッフ派遣の検討、さらに県支援センターを経由した応援体制を題材に取り組みました。

全体発表

全体発表

全体発表

 最後に全体ワークとして、議論した内容の発表と講評を通して、災害時に課題になること・近隣地域で連携できること等を共有し、平常時からBCP(事業継続計画)を考えた具体的な取り組みに今後つなげていくことを目指しました。


本訓練の第2回は、来年1月に湘南地区で開催予定です。

☆本訓練は、神奈川県社会福祉協議会の地域福祉活動支援事業助成によって実施しています。

【地震情報】2016/11/22 福島県沖地震に関する被害情報等(22日9:45現在)

本日22日、5時59分に発生した、福島県沖の地震について、被害情報等を共有いたします。
神奈川災害救援ボランティア支援センター協働3者(神奈川県、神奈川県社会福祉協議会、神奈川災害ボランティアネットワーク)間においても、情報共有がなされております。

※福島・宮城の津波警報→津波注意報に切り替わりました
※12時50分、津波注意報はすべて解除となりました。今後、1週間程度は、震度5弱程度の余震に注意とのこと(気象庁)
Continue reading

【鳥取地震】災害ボランティアセンター開設情報(発災当初)

ホームページなどで、十分に確認をされた上での行動をお願いいたします。極力、電話での問い合わせは控えましょう。

倉吉市

設置日:10月22日(土)14時
設置場所:上灘地区公民館(倉吉市上灘町9-1)
連絡先:手配中
募集範囲:鳥取県内の方
開設時間:8:30~17:00(募集は24日から)
※ボランティアの募集は現在行っておりません※
注意事項:
・各自で地元の社会福祉協議会でボランティア保険に加入
・駐車スペースが限られているため、車中泊禁止
・宿泊先を各自で確保
※情報はホームページに随時更新いたします。

「・事務局は倉吉市福吉町1400 倉吉市社会福祉協議会で24時間対応しています。
・高齢者等、配慮の必要な方は、本会の関金支所
(高齢者生活福祉センター)で休んでいただいています。
・今後1ヶ月予定の行事は中止または延期の可能性があります」
ニーズ状況:
「・現在、ボランティアに対して、屋根のブルーシート掛けのニーズが寄せらせています」(2016/10/22 13:30)
www.kurayoshishakyo.com/

北栄町

設置日:10月22日(土)
設置場所:北栄町社会福祉協議会(北栄町瀬戸36-2)
活動開始日:23日(日)
募集範囲:鳥取県内
開設時間:23日は13時から。以降は9:00~17:00
ボランティア受付電話番号:0858-37-4522
活動内容:瓦礫撤去、家屋の片づけ、ブルーシート張り(できる方のみ)を行う予定
注意事項:
・各自で地元の社会福祉協議会でボランティア保険(天災タイプ)に加入

湯梨浜町

設置日:10月22日(土)
設置場所:湯梨浜町役場 別館講堂(湯梨浜町久留19-1)
開設時間:9:00~17:00
募集範囲:鳥取県内
活動内容:瓦礫撤去、家屋の片づけ、ブルーシート張り(できる方のみ)
ボランティア受付電話番号:0858-35-2351
注意事項:
・各自で地元の社会福祉協議会でボランティア保険(天災タイプ)に加入
・活動場所まで自家用車で移動いただけることが望ましい
活動実績:
・22日:活動ボランティア数、11名

鳥取県災害救援ボランティアセンター支援本部

※災害ボランティアセンターへの支援組織です
設置日:10月22日12:00
設置場所:鳥取県社協内

三朝町

ニーズ調査中で、立上げは未定

琴浦町

ニーズ調査中で、立上げは未定

以上

【H28台風10号】災害ボランティア支援情報まとめページ作成について

台風10号による被災状況や災害ボランティアセンターの開設状況と本格的な冬の到来を前に、今なお、災害ボランティアの支援を必要としている岩手県岩泉町についてのボランティア向け支援情報を、見える化しつつ、まとめました。ご活用いただけましたら幸いです。

・被害家屋数マップ
・ボランティア数の推移
・ボランティア支援マップ・表
・ボラバスカレンダー
・現地への交通状況
・義援金情報
などを集約しています。

こちらから、閲覧できます。

【災害情報】2016/8/25:台風11・9号等による被害に対する災害ボランティア情報

全国社会福祉協議会より、第2報が出されております。
また、神奈川県内の被害状況は以下の通りです(8/22 神奈川県調べ)。
・床上浸水(2棟):横浜市都筑区、愛川町
・床下浸水(7棟):相模原市中央区1棟、相模原市緑区1棟、藤沢市1棟、茅ヶ崎市2棟、大和市1棟、寒川町1棟

<災害VC開設状況>
埼玉県
・狭山市災害VC
募集範囲:公共交通機関を利用して来所できる方(駐車場なし)
・所沢市災害VC
募集範囲:市在住・在勤・在学
※ボランティア要請件数は21件、活動終了件数は17件。残り4件については明日以降ニーズの調査を行う。そのため、8月26日につきましてはボランティア募集を行わない。
茨城県
・ひたちなか市災害VC
募集範囲:市内の登録ボランティアによる活動

以下、全社協第2報(一部改変)です。        
┏━━━┓
 埼玉県  埼玉県危機管理防災部消防防災課(8/23 15時)
┗━━━┛
負傷者:9名
床上浸水:66棟、床下浸水:362棟

■■狭山市■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「狭山市災害ボランティアセンター」の開設・活動
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 台風9号により床上浸水12棟、床下浸水15棟の被害が生じた狭山市では、本日8月25日(木)に「狭山市災害ボランティアセンター」を開設し、浸水した家屋からの泥だしや屋内清掃などのボランティア活動を開始しました。
 開 設 日:8月25日(木)
 開設場所:老人福祉センター不老荘駐車場
      (〒359-1143 狭山市南入曽737-1)
 ボランティア:公共交通機関を利用して来所できる方を対象にボランティアの募集を行っています。(駐車場はありません。)

 ◆狭山市社会福祉協議会:http://www.sayama-shakyou.or.jp/

■■所沢市■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「所沢市災害ボランティアセンター」の活動
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 台風9号により床上浸水11棟、床下浸水23棟の被害が生じた所沢市では8月23日(火)より「所沢市災害ボランティアセンター」を開設し、浸水被害などを受けた家屋の畳上げや家具移動などのボランティア活動を行っています。

◆所沢市社会福祉協議会:http://www.toko-shakyo.or.jp/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
埼玉県内の支援
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 埼玉県社協では浸水被害が発生した地域と連絡を取りながら、
災害VCの運営支援や被害状況の把握を行っています。
◆埼玉県社会福祉協議会 埼玉県ボランティア・市民活動センター:http://www.fukushi-saitama.or.jp/site/volunteer/

┏━━━┓
 茨城県  県生活環境部防災・危機管理局(8月24日13時現在)
┗━━━┛
・負傷者:2名
・床上浸水11棟、床下浸水38棟

■■ひたちなか市■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「ひたちなか市災害ボランティアセンター」の開設
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
台風9号により床上浸水10棟、床下浸水154棟(8月25日12時現在 ひたちなか市情報政策課)の被害が生じたひたちなか市では、家屋内外の清掃や家財道具の運び出しを行うため、本日8月25日(木)に「ひたちなか市災害ボランティアセンター」を開設しました。
 開 設 日:8月25日(木)
 開設場所:ひたちなか市社会福祉協議会
      (〒312-0041 ひたちなか市西大島3-16-1)
 ボランティア:市内の登録ボランティアにより活動を行います。
 ◆ひたちなか市社会福祉協議会:http://www.hitachinaka-syakyo.or.jp/
 ◆ひたちなか市災害VC(FB):http://urx.blue/xYUi

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
茨城県内の支援
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 茨城県社協ではひたちなか市社協に職員を派遣し、災害VCの運営支援や被害状況の把握を行っています。
茨城県社会福祉協議会:http://www.ibaraki-welfare.or.jp/

┏━━━┓
 東京都  消防庁(8月24日12時00分)
┗━━━┛
・半壊2棟、一部損壊2棟、床上浸水25棟、床下浸水58棟

■■青梅市■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
青梅市社会福祉協議会の活動
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 青梅市社会福祉協議会では災害ボランティアセンターの開設は行わず、青梅ボランティア・市民活動センターにおいて、行政やNPO、自治会、市内のボランティアとともに不足物資の対応、片づけ等の活動にあたっています。

■■瑞穂町■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
瑞穂町社会福祉協議会の活動
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 瑞穂町社会福祉協議会では災害ボランティアセンターの開設は行わず、ボランティアセンターみずほにおいて、行政や自主防災組織、自治会、町内のボランティアとともに必要物資の対応、片づけ等の活動にあたっています。 

■■東村山市■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
東村山市社会福祉協議会の活動
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 東村山市社会福祉協議会では災害ボランティアセンターの開設は行わず、東村山ボランティアセンターにおいて、市内のボランティアとともに片づけ等の活動にあたっています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
東京都内の支援
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 東京都社協では浸水被害が発生した地域の社協と連絡を取ながら、被害や支援状況の確認を行っています。

東京都社会福祉協議会 東京ボランティア・市民活動センター: www.tvac.or.jp/

全社協第2報:http://goo.gl/zUE5Pt

【災害情報】神奈川県内台風9号による被害情報(8/23 14:00現在)

人的被害として、相模原市で道路冠水で流され重症となっていた女性は、その後、死亡が確認されました。河川については、神戸川が鎌倉市の観測所で、引地川が大和市の観測所で、荻野川が厚木市の観測所で、その他、境川や鶴見川なども、はん濫の危険性が非常に高くなる「氾濫危険水位」を超えましたが、その後、水位は低下(遊水池も活用)。現在、県内では床上浸水は2件報告されています。

【避難情報】 Yahoo!避難情報:http://crisis.yahoo.co.jp/evacuation/14/14201/
下記、一件、継続中です。その他は解除されています。
・横須賀市
発令日時:2016年8月22日16時15分
対象地域:汐入町三丁目(の一部)
対象世帯:1世帯

【被害状況】 ※23日8時30分 総務省消防庁まとめ(23日10時 NHKまとめ)
<人的被害>
・死者:1(相模原市)
※・58歳女性が冠水した道路で流され、搬送先の病院で死亡確認
・負傷者:重傷1、軽傷3(NHKまとめでは、負傷者6)
※軽傷:横浜市品農町:80代女性:強風にあおられて転倒(神奈川新聞)
<住家被害> 
・床上浸水:2 ※都筑区1件(神奈川新聞)
・床下浸水:7
・一部破損:5
<土砂災害>
・がけ崩れ
横浜市旭区(約380立方メートル)
横浜市栄区(約12立方メートル)
横浜市青葉区(法面崩落、県道通行止)
<その他>
・藤沢市で道路冠水(NHK報道)

内閣府防災:http://www.bousai.go.jp/updates/h28typhoon11/
総務省消防庁:http://www.fdma.go.jp/bn/2016/detail/965.html

以上